ハズレ(顔が大当たり)

セイヤ!セイヤ!

20180620 仙台 A.B.C-Z LOVE BATLLE TOUR 2018

※注意※

A.B.C-Z『LOVE BATLLE TOUR 2018』のセットリスト及びMCのネタバレを多大に含みます。

さらに投稿者の主観&備忘録のため有益な情報はほぼありません。ご理解いただける方だけ読んでやってください。

 

 

 

 

 

 

 

花言葉

いきなりLOVEいのキターーーーーーーーー!!!この時点ですでにメロメロである。橋本良亮くんは可愛いの塊なのかい?

 

・Rock With U

MVからしてしびれる曲。マジでA.B.C-Zのダンスはしびれるぜ…LOVEからのクレイジーなラブバトルソングっていい事しかない。

 

・テレパシーOne!Two!

ンカモォン!はちゃめちゃに顔がいい戸塚さんから繰り出される声にファンは黄色い声が止まらない。私止まらない。五関くんが戸塚さんの隣に立った時、MVの時も思ったけど顔ちいちゃいし背もちいちゃいし死ぬほどかわいかった。すごい。戸塚さんのダンスがゆでたホウレンソウ並みにくたくたしてて胸がどきどきした。可愛いメーターが壊れる。

 

・ずっとLOVE

うわーーーーーーーーーー!!!!!!!ずラだーーーーーーーー!!!!!私はこれを踊るために生きていると確信した。今この年齢になったえびちゃんにうたわれるとものすごく愛されている感じが伝わってよい。ふみきゅんが「もっと!」って声かけるたびにきらきら笑っててサイコーに良かった。「仙台ー!愛しあおうぜ!」「河合郁人でーす!河合郁人でーす!」愛す~~~~~~~~~~!!!

 

・Burnハート

えggっぐい演出だと思ったし喉から手が出るほど欲しかったスタンドマイクパフォーマンス。戸塚さんのセクシーが止まらない。キュートでセクシーでブリリアントだぜ戸塚祥太…マイク片手に低めの姿勢で歌い上げる戸塚さんはさながらロックスター。髪バックにしてサングラスなんて戸塚全部乗せじゃん。サイコーだぜ。スタイリッシュで美しいのははしちゃん、五関くんはマイクが体と一体化してたし塚ちゃんはマイクを抱いてた。ふみきゅんはマイクとじゃれていちっばんアイドルだった。「クールが美徳か?ふざけんな」って歌詞を戸塚さんに歌わせたの本気で神采配だと思う。

 

・Steal Your Lips

いっきにえっちな戸塚祥太さん出てきた―――――(膝から崩れた)この曲セクシーで切なくていいよね。キスの「チュッ」って音をはしちゃんが静かになった瞬間にやってィヤーーーーーーーー!!!!!!!!!って声で仙台サンプラザホールが揺れた。渡さないでくれ――――――――!!!!!ギミギミギミのところはスポットライトとレーザーのシルエットで5人がしっとり踊り上げるもんだからペンラ振るの忘れた。キスがセクシーでホットすぎだぜ?

 

・LIKE A Blow

こういうダークでしっぽりした曲が本当に似合うようになってきたんだろうなと心底感じた。ラブバトルだからラブソングがいっぱいなんだけどこういうただ甘いだけじゃない焦がれる雰囲気がある曲は全員いつもの「A.B.C-Z」が成りを潜めて黒いえびが出てくるのでどきどきする。

 

・ペルソナゲーム

いろっぽ…えびちゃんて唇好きよね。

 

・Get up!

死因:はしご

踊る(当然)、歌う(当然)。炎上げさせてあげたい。

 

・リメンバー

ここまで燃やしておいてさらに熱量あげてくる鬼。「もう一度思い出そうか あの頃の夢」で多くのファンが涙をこぼしたことでしょう。戸塚さんの「とても綺麗だね」で毎日眠りたい。

 

A.B.C-Z LOVE

メンバー紹介曲は絶対やるべきことなんだよ(確信)。「そんなオチャメなあいつSmileくださいとっつー!」で戸塚さんのほっぺをつついたはしちゃん。以後記憶がない。

 

・DESTRUCTION

戦闘力が一気に上がった。ペンラをぶん回す我々。スモーク噴出がすげーーーよいんだけど欲を言うなら燃やしてほしい。東京ドームあたりを燃やそうよ。「クレイジーにクレイジーに壊れようぜ」からの「Walk THIS WAY」五関くんはかっこいいが溢れてて見えない。

 

・街角

ハイパワーからのキャラメルハニーの甘い歌で突然とろとろにされた。とつごは戸塚さんがはちみつボイスで五関くんがレモンボイスなので甘くてさわやかなハーモニーが心地よい。ふみつかはくせのあるくんにゃりボイスふみきゅんと、まっすぐで素直な塚ちゃんボイスで愛しさが伝わってよい。からのはしちゃんは堂々の真ん中から登場して「愛しさをあげたい」なんてむしろ私があげたい。バラードの時のふみきゅんの切なそうな顔はこう、母性をめちゃくちゃ刺激する。守ってあげたい。

 

・ツカズハナレズ

この曲はアカン曲。向き合うふみつか、とつご、センターはしちゃんで歌う。見つめあって歌い上げる歌詞がまるで本心を歌っているようで泣いた。「どんな思い出にも君がいるんだ なんか笑っちゃうよね」で映された顔があまりに優しくて胸がいっっぱいになった。ふみとつが見つめあってると死ぬ。額と額を寄せ合うような格好で歌ったのはずるい。

ふみ「君と僕は友達」

とつ「君と僕はライバル ずっと」

「「ツカズハナレズ」」はアカン。

腐れ縁インザレインあたりからふみとつの供給が過多で壊れた。

 

・明日の為に僕がいる

Sammry2008やらなにやら過去映像から現在のメンバーを映す構成だったけど、歌詞と相まって長年応援してきたであろうファンのお姉さんがすすり泣いてた。もらい泣きしてしまった。

 

・Daybreaker

同上。隣の五関担がうるうるしてた。

 

A.B.C-Z

だいすきなんだよなあ こなを。「そう 見せ場だらけ 僕らだらけ パノラマに広がるよ」ってほんっま…君らしか見えないよ…。

 

・誰のものでもないこの道を

はしちゃん「たとえばあの日 違う未来選んでいたとしたらなんてね」って歌うのきっつくない?選んでくれてありがとう。5人全員座ってるんだけど、はしちゃんに向けた曲なのかなって思うほどお兄ちゃん4人がはしちゃんに向いて歌うから(気のせい)ぐっと来た。ありのままを受け入れて歩いて行こう。信じてみよう。って5人が行く道をってことでいいよね。5人が最前に横並びになって、4人の歌声の後ろでのびやかに歌うはしちゃんの声がとても愛しい曲だった。

 

・好きなんだ…

3人が上段に登場して気合十分に歌いだす。粘度が高い。アンド戸塚さんなんかやけくそボンバーじゃないですか?振りがTHE★アイドル(一昔前感)「あれ これ 聞かないで 聞いてくれよ」の振りは絶対覚えて踊りたいやつ。センターモニターにLINEを模したものが映って、歌詞に合わせて投稿される形式。えび子さん絶対あほだ。ラップ部分低くて聞き取れないぞ戸塚祥太!「本気の愛を教えてやるよ」ごせ子乱入(映像)ふみおじも乱入(映像)。スマホとセンターモニターが連動して3人がかわるがわるカメラの前に入って好き放題遊ぶ。「好きなんだ↑好きなんだ↑」は可愛い。国宝。

 

・One More Kiss

うわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(大の字)私はこれを生で見たかったんだ。去年のえび座行けてなかったから。この…しっくり感はなんなんでしょう。やっぱり少年隊さんや当時のキザすぎるくらい甘い歌詞が似合うんだよ。ダンスがよい。はしちゃんの腰つきに客席が爆発した。確実に爆発した。

 

・はらはらひらふ

ペンラ演出。ふみ「はいみなさんペンライト消してくださいねー僕の合図に従ってやってくださいねー画面にも合図映るからねー来年は合図なしでできるようになるのが目標だよー」客席ざわつく。いやえび担ならできるとは思うけどあーたねぇ、来年もはらひらやれよ!?絶対だぞ!!?はし「早く消そうぜ!」何人か消してない人いたもんね。ごめんね。いやぁでもほんとペンラ演出はいいね、綺麗。にこにこしてえびちゃん達がメンカラの光に染まってオタクたちがうっとりするくらい綺麗。移動階段がステージ前のほうに出てきて、戸塚さんがそれの頂上でしばらくペンラを振り回し、その後方で足踏みしたり戸塚さんの尻を照らす塚ちゃん。はしちゃんは階段の一番上に座って歌ってたんだけど、ふみきゅんが登ってきて膝枕。そしてなでなでされてにこにこしていた。

 

・トリプルラッキー!!!

踊るぞーーーーー!!!という気概が十分な客席とメンバー。振りは易しいのでとても楽しかった。トリプルラッキーの男の子めっちゃ素直で好き。子どもでいいんだよ。「Take my hand and my love」でやっぱりキメたくなる。メロディ先生、振りがなってない!とモニター内で憤慨→ステージに自転車に乗って登場。「ちゃんと踊れてない人には罰を受けてもらいます!!」そして選ばれるふみきゅん。罰の内容は「ゴムパッチン」ふみ「いやーーーーーー!!!いやだーーーーー!!!」めろ「ほら皆さん!!彼を捕まえなさい!!!」はしとつごに連行されるふみきゅん。ゴムパッチンされてぶっ倒れる。ふみ「おれの唇三倍くらいになってない!!?」メロディ先生にはしちゃんが仕掛けてパッチンするが全く効かない。

 

・Future Light

よさみが深い。これほど清くて力強い曲はなかなか出会えないと思う。塚ちゃんを基軸にした歌唱は非常にまっすぐでずっと見ていたくなる美しさがあった。ありがとう振りをつけてくれた●●くん。肩を組んで歌うときに真剣な顔と滲む淡い優しい表情がとても印象だった。私はこの曲で何度でも泣ける。「どこまでも続くよ」

はしちゃんが衣装のシャツの前ボタン止めてなくて半端じゃない\キャー♥/の嵐だった。

 

・Za ABC~5stars~

これがないとね!やっぱりね!すごくすごーーく好きな曲。聞くたびにえびちゃんに出会えてよかったと思います。みんな振り慣れてる曲でもあるから安心してペンラを振り回した。

 

・Moonlight walker

えびちゃんてこういう管楽器入ってるスカっぽい曲似合うよね。バンハ然り。モニターのMVがとてもシンプルかつ美しくて幸せ。

 

・終電を超えて~Christmas Night~

ダンスが可愛い。はしちゃんと終電を超えたいよわたしゃ。

 

・Forget how to forget

パンフレットではしちゃんが言っていた通り、VS5は大人っぽくてスローテンポな曲が多くてどんな構成になるのかワクワクしてたけどここできた…と涙腺が緩む感じの流れ。花言葉のストーリーからこれ聞くと一つながりな感じしません?

 

★アンコール

・忘年会!BOU!NEN!KAI!

アンコール1曲目!この曲をどう出してくるかな~~~と考えてましたがアンコールに持ってきたか!!と納得。3階の通路脇だったのでふみきゅんとハイタッチしてしまった。カワイイフミトさんカワイイ。そして手がふにふにしててやられた。危うく河合担になってしまう。でもコンサート行くとふみきゅんに落ちそうにならない?あんなにアイドルしてる時「うれしい!たのしい!だいすき!」って顔する人なかなかいない気がする。戸塚さんを目で追っていたんですが戸塚さんは相変わらずラブピなおててを振り回していた。

 

・Freedom~溢れ出す想い~

「チャンス到来 Give me a one more fly」もう一度飛ぼうって歌う彼らの美しさたるや…。3階の通路側席だったんですがふみきゅんの登場にペンラ落とすかと思った。大丈夫か自分!去年もふみきゅん来てくれただろ!しっかりしろ!!おかげさまでハイタッチさせていただきました。ふみきゅんの手ってはパンみたいですね。ふわふわしている。

 

・Reboot!!

ここで来たかのオンパレード。「カラッポのゼロ ここからリスタート」って本気で泣くだろうという歌詞。私はA.B.C-Zのファンになってからまだまだ浅いけど、終わらないよ、ここからだよと言ってくれている気がして本当に好きな曲。個人的にはここから始まったんだものA.B.C-Z。この曲で締めてくれてありがとう。

 

ひとまずここまで。

覚えてるMCは後で追記します。

またね。

はたらくジャニオタ 2

「こんな事言うのは大変失礼ですが、こなさんは営業に向いていると思いますよ。

安易に事務職を選ばれると、きっと後悔されるのではないかと。」

 

グサッときた。とある転職エージェントから言われた言葉なんですが、グサッと。

先日2社ほど面接を受けてきました。書類選考がとんとんと進み、問題なく面接へ。

十分受かる可能性があると感じた会社だったんですが、受けた後、いや受けている最中から内心ビビッて仕方なかった。

今の職は営業だ。休みが安定しない、法人営業のような個人営業のような営業マン。せっかく転職しても「営業」じゃまた同じ事になるんじゃないか。すごく怖い。えっ、次回面接の話すぐ出たけどダメだ辞退しよう…。そしてやっぱり事務職にしよう。定時上がりで土日休みの所探しなおそう…。そんな事をエージェントに伝えた時に見出しの言葉をかけられた。

この対応は人によって良いか悪いか分かれる話だと思うけれど、私は「そうだよねぇ」と思わざるを得なかった。だって安易に逃げてるもんね()。

今の職場を辞めようと決心した理由はワークライフバランスの見直しと、ありがちな人間関係問題なのだから、営業から逃げる必要は無いはずだ。営業職自体は嫌いじゃないし。冷静になって転職理由考え直さないとね。内定は遠いかな。

 

gobosala.hatenablog.com

 

この方のブログを読んでことさらにぐっときた。そうですよねってものすごく頷いた。ヒーローですよねって。

 

ちょっと話は変わりますが私は頭の緩いファンで、熱心に応援しているファンの方々から見たら石を投げられそうな考え方をしていることが多い。

その最たるものとして、戸塚さんは私にとって鏡だと思っている事が挙げられる。見た目とかそういう話じゃないので許してほしい。

 

戸塚さん、生き方が不器用だなあと思う。もっと楽に、楽しく、するすると抜けて行けるだけの能力が彼にはあるはずなのだ。というかある。笑顔も、柔らかな物腰も、彼にとっての武器のはずだ。

もっとテキトーに生きていてもおかしくないのに、彼は常に何かにぶち当たっている。ある時は壁の前に座り込んで悶々と考えているし、ある時はギター弾いて歌ったりしているし、突然走り出してぶち壊しもする。なんでだろう。

訳わかんないけど、分かる。

考えてると思えば次の瞬間走り出している事はままある。興味がない事にはとことん興味がない。似ているような気がする。

 

戸塚さんは逃げない。どんなに不恰好でも全力ぶつかっていく。

でも私は逃げる。なんとなく逃げて、すり抜けて、居心地のいい場所に落ち着いてきた。

 

比べられたものではないけれど、自分が情けなくなった。

あがきもせずにただ漠然と逃げようとしている。全力でもない。しんどいから辞めよう、それだけ。*1

 

…逃げるなら、全力で逃げてみたらいいのでは。

頭の中の戸塚さんが言っている。…気がする。*2

あの日、坊主にした戸塚さんの思いはきっと私達の目に触れることはないけれど、キレイさっぱりお別れしようと決心した彼の心は、かえって見習うべきなのかも知れない。*3

 

あがく戸塚さんは綺麗だ。現すなら以下の文章だろう。

"人間というのは、眩しい時と笑う時に、似た表情になるんだな"

出典 死神の精度 (文春文庫)

 

 

本を読む、映画を見る、歌う、踊る、言葉を紡ぐ。戸塚さんは全部全力だ。A.B.C-Zの全員が全力なのだ。

全力で、考えてみようかな。

 

A!B!C!からのZ!全力!

A!B!C!からの全身全霊!*4

 

またね。

*1:これだけ、カンタン!

*2:言ってない。

*3:Myojo 2013年8月号より

*4:ABC座2016 株式会社応援屋!! ~OH&YEAH!!~より

はたらくジャニオタ

俺は会社を辞めるぞーーーーー!!!ジョジョーーーーーッッッ!!!

 

これは社会人3年目のジャニオタが転職しようと試みる記事です。面白くないよ。

 

理不尽な要求、長時間労働、やりがい搾取…どんな企業でも多少なりともあるであろうしんどいポイント。それを毎日こなして人は生きていく。んだと思う。

やり過ごすために私はジャニオタ活動の間に仕事してんだから邪魔するなかなんとか思いながら仕事をしていた。これを読んでくれている人たちも同じ心(ハート)持ってるよな。自担のために心臓を捧げよ!

 

そんな風にのらりくらりと仕事をしているはずでした。周りから見ても上手いことやってるよねという評価だったように思う。自分でもなんとかなっていると思っていた。

しかしそんなことは無く。

 

915日(金)は絶対に外せない日だった。

だって私にとって初めてのA.B.C-Zのコンサートの日!しかもオーラス!

A.B.C-Z 5周年ツアー5Stars 5Years Tour 55

這ってでも行くと、当選した時に本気で思った。

同時にこの時期は繁忙期で生きてるか死んでるか分からない状況になっていると確信しました。繁忙期はずらせないからね。

仕事さぼってでも(!)行くなんて思っていた。

 

でも915()の朝に完全にだめになったんですわ。

朝一で会う約束をしたお客様に会って、「どうしたの、顔色が悪いよ」そう言われた瞬間涙が出た。そこからはもう目も当てられないレベルでボロボロ。当日入れていた予定は全キャンセルして、お客様の所で少しだけ休ませてもらった。

自分でも訳が分からなかった。仕事は文句言いながら上手くやっていると思っていたし、ストレスは逃がしているつもりだった。それなのにこの体たらく。

涙は止まらないし、体調は悪いし、何も考えられない。でも仕事しなきゃ…今見るとよっぽどヤバイやつです。

 

よく考えたら最近、

寝付けないからクマが消えなくなった。

話していると突然涙が出てくる。

無性にイライラしたり悲しくなったりする。

突然平衡感覚がおかしくなる。

上記の状況が続き…え、ヤバくね?明らかにおかしくなってるじゃん?常に血祭り状態。それを毎日だましだましやっていたんだと今になって思います。こわい笑(笑い事ではない)

まあそんなことが当日朝に発生したわけです。本来なら家帰って休むところですが這ってでも行きたいコンサート。

 

強行突破だ

 

行きましたともええ。同行するお友達には大変ご迷惑をおかけしました。感謝と謝罪を。

朝は吐きそうだったのに1キロくらい走った。バカか。

 

コンサート会場の仙台サンプラザホールに滑り込んで息つく間もなく開演。私はこの世の光を見ました。

セトリもネタバレも絶対情報入れないように(入れられなかったともいう)してきた3ヶ月が報われた。

アンコールまで出なかった涙がサポーターズで溢れたのはナイショです。

 

そんなこんなで無事終了…内容についてはまた後日書けたらいいな。

 

終演後にたびたび出てくる五関担に連絡を取ったら案の定現場入ってました。そしてしっかりと転職を勧められました。そうね。一緒に入った橋本担にも勧められました。そうね。

 

 

ぼっろぼろのズッタズタ状態な時にA.B.C-Zがひょっこり顔出して、「俺らが一緒だよ」って笑ってくれたような、そんな事を勝手に思った夜でした。

 

今の職はもう続けられない、転職しよう。良いか悪いか結果が出ないと分からないけれど、現状は変わるはず。さあ、はじめるぞー転職活動。

 

 

君をサポートしたい

 

どんなに辛い夜も 涙が枯れ果てたとしても

 

1人じゃない 忘れないでね

 

僕も君に救われたんだよ

 

だから遠慮なんていらないのさ You&Me

 

 

救ってくれてありがとうA.B.C-Z。またあいたいね。

寝ても覚めても“君”のこと好きで好きで…

 

どうも。ツアーの申込みとアルバムに関するあれこれが同時に来て、仕事もパニック状態で一週回って妙な冷静さを取り戻した社会人です。

 

2月1日のRebootショックを乗り越え、応援屋を乗り越え、彼らを追うようになってからすでに3ヶ月が経ちました。

DVDを買って鑑賞し、CDを買って視聴し…薄給の中でゆっくりオタクしてます。

今はSummer Concert 2014 A.B.C-Z★"Legend"を観ています。イナビ大好き。

 

そんな中私には悩みがあります。

 

それは

「推しが決まらない」です。

 

え?自己紹介で戸塚さんを推しとして紹介しただろうって?いやあれはあえて選ぶならという事なのでゴニョゴニョ…

 

 

 

 推しってなんだろーーーーーー!!?!

こんなの初めてなので困惑しているよ!どうしよう。

二次元にハマっても特撮追いかけても野球観てもプロレス見ても

「この人がイチオシ!!!!!!単勝!!!!!!!!!!あんたが一番!!!!!」

というアホ丸出しな感性です。基本的にDDなんですけどね。

 

それがA.B.C-Zになると話が違う。

「えっ…単勝…?馬単…いや…3連単…!!!?」*1

 

お前は何を言っているんだ。

…認識したのは塚ちゃん⇒ふみきゅん⇒五関さん⇒はしちゃん⇒戸塚さんの順でした。

なんで推しが決まらないか個々の印象を見てから考えてみよう!

 

A.B.C-Zを知ったばかりの頃の印象

 (゚∇゚) ズンズンダンつかつか塚ちゃん

塚ちゃんはアウデラ*2のキラキラ金髪でとんでもない事を言い出す姿で初めて認識しました。でもその後ちらちら見かけるたびに礼儀正しく敬語で話す姿に好感度が上がったのを覚えています。真っ直ぐ素直すぎてアウトになっちゃう感じがプリティー!

 

(☆^ш^)うきゃきゃきゃ!

えびちゃんをそれ見ろと与えられた時一番最初に「あっこの子はこの世の宝や」という稲妻にうたれたのがふみきゅん。睫毛ながっ!?かわいいっ!!なんだどうした!?とわたつきました。MCのポジションというのも「村上くんも紫MCで河合くんも紫MCなのね…これは推せる…」などと覚えるまで時間がいらなかった要因ですね。はじめて見た(見せられた)DVDがA.B.C-Z 2013 Twinkle×2 Star Tourでしたのでふみきゅんの都道府県47に戸惑った記憶。

 

 ( ´`▽´)テキトーなこと言ってたいんで

次は五関さん…これは過去の記事を呼んでいただければなんとなく分かるかと思うのですが、以前身近にいた五関担の影響でございます。

「ごっち可愛いよカッコいいよ最高だよでもこなちゃんはタイプじゃ無さそう(牽制)」

とまあひたすらに五関晃一氏の魅力を叩き込まれ、いかに素敵なのかを教え込まれました。DVDやらで踊る姿は鶴のようでした。個人的なイメージですよ?確かに体格は小さめではあるのですがその一挙手一投足が優雅で美しい。五関さんきれい。

 

 (*б_б)かわいいなんて言わせない!*3

「メーンボーカルのこの可愛いわんわんは…えっお、王子様やん…」

はしもとりょうすけくんはおうじさまなんだね!わーい!おひめさまになりたい!そんな思いも消えうせていた社会人の乙女心に火をつける男…橋本良亮そのひとだったのです。伸びやかで甘い声、びっくりするぐらい甘い歌詞、でもそれをそのまま届けてくれる彼の声は本当に宝。認識したのはDVDで常にセンターにいたから。そしてウォキクラ*4のギャル男みたいなはしちゃんのビジュアルが一番最初だったかな。あれはびっくりした。黒いんだもん。

 

 (^∀^)カモン!ゲッゲッゲッゲッゲルマイハー!

最後は戸塚さん。ぶっちゃけ印象ほとんどなかった()。でもウォキクラで長めの前髪から覗く宇宙みたいな瞳にどきっとしたのは覚えてます。さらにめちゃくちゃ顔が好みだったのは戸塚さん。横山さんと同じ系列の美形で、笑ったときにきゅーっと出来るほっぺたのしわがとてもキュートだと心底思います。猫ちゃん。ちょっと調べるようになってから自分の世界でハッスルしがちなアイドルという認識に。おじさんと呼ばれる率の高さよ。

 

 

「推しが決まらない」

 ……ね?推さない理由が無いの。ひとつも無いの。個々の魅力が強すぎて私の意志はふわっふわの幸福状態。

 

塚田君ありがとう、河合君ありがとう

戸塚君ありがとう、五関君ありがとう、橋本君ありがとう

みんな、ジャニーズになってくれてありがとう

 

「あー、ジャニオタに生まれてよかった♡」

 

どうも、効率的な申込みぶり、充実したオタ生活

ジャニオタウーマンです。

 

 

…見切り発車にも程があるしいい感じの言葉が出て来ないので諦めました。

 はじめに書きましたが、推しが決まらないのです。推しの定義は曖昧模糊なのでなんとも言えませんが、どうしても単推しにならない。

それは個の魅力が無いからというわけでもなく、誰かが好みじゃないという理由でもないのです。

 

よって私はFCに入るときものすごーーーーーーーく悩みました。だってあれ

「入会するファンクラブの中で好きなタレントの名前を1人」

書くじゃないですか。

 

いや変更できるので何も問題は無いのかも知れないんですが、私の心意気として

「あなたを応援したい」

とジャニオタとして表明したいが為のFC入会なんです。だから1名義申し込んだら、そこに記入した名前の人を「推し」と定義したいような気がするんです。

ですが上に記したように私の心はあいまいもこもこ。

ちなみに初めて見たA.B.C-Zのメンバーは塚ちゃんです。サクラパパオー最高だったよ。あと生の塚ちゃんてめちゃくそ可愛いしかっこいい。

これに操を立てて私はFCに「塚田僚一」の名前を書きました。

 

since0629.hatenablog.com

そうなの!?という記事もリンクさせていただきます。

 決まらない推しと、ひたすらにグループを推していく気持ちがせめぎあう私。決めなくてもいいんでしょうが、なんだか不思議な気持ちだったので取りとめも無く書いてみました。

 

 グループを推そう

推しが決まらないままアルバムの発売が決まりましたねヤッター!

もうひとまずはA.B.C-Z推しってことで許してもらおう!

だってすごくいいんだぞA.B.C-Zは。ジャニーズの王道を突き進むぞ!五つ星事変もあったけど!

 

私はA.B.C-Zがすきなのだ。

黒髪になってもイエローダイヤモンドの輝きを失わない塚ちゃんがすきなのだ。

お尻を出した子一等賞なふみきゅんがすきなのだ。

人知れずハイになってたり手汗を拭いちゃう五関さんがすきなのだ。

「可愛いでいいよもう」って投げやりになるはしちゃんがすきなのだ。

あんなに綺麗な顔してるのにファンにすぐおじさん呼ばわりされる戸塚さんがすきなのだ。

 

好きしかない。

私にとっての“君”はA.B.C-Zそのものであると、今は言いたい。

目の前のファンを幸せにしてくれようとするその姿が眩しい。だから応援したい。ついていきたい。一緒に「ここまで来たね」と笑えたらどんなに幸せだろうか。

正直この2月でファンになったばかりの人間が言うのもおこがましいことだと思う。でも言わせてほしい。

ファンでよかった。

彼らが写真集を出したり、CDを出したり、DVD出したりコンサート決まったり舞台に出たり…現場に行きたい。接近戦の意味ってこれか!なんて思うことも毎日のようになりました。

 

まとまらない!!

エゴサしていっそ見てほしい(死ぬけど)。

A.B.C-Zのファンは好きでいっぱいなんだと感じた雨の東北でした。

またね。

 

*1:馬券は、単勝複勝応援馬券枠連馬連馬単、ワイド、3連複3連単、WIN5の10種類。JRAで検索してお馬さんを見よう。

*2:アウト×デラックス/フジテレビ…世界に名を残す偉人には世間の常識から外れたアウト人が多くいたのだから…矢部&マツコと、さまざまな個性を持った人々との会話から“人間のおかしさ”を楽しむ「人間応援トークバラエティ」!

*3:それがかわいいんだぞはっしー

*4:Walking on Clouds…ウォーキングオンザクラウザーではない。

「◯◯くんに良く見られたい!」「かわいい私で会いたい!」は必修科目なのでは

どうも、ダイエットのための野菜スープを作り置きしてみたもののちょっとダメにした社会人です。すっぱい。

今回はあんまりえびちゃんに関係ないかもしれない。

 

 以下の記事で宣言したのでせっせこやっています。

pan-taberu-yo.hatenablog.com

先日無事にFC会員となり(5/5入会)、コンサート申込みと会員証が同時に届いて小躍りしていました。

真面目にダイエットに取り組む気持ちをくれる会員証、プライスレス。

 

でもモチベーション上がらない日もあるよね!!!パン美味しい。

伊達に長年デブやってないので異常にモチベーションが低い。ずっと低空飛行。

この状態でえびちゃんには会えないとは思うけれども体が動かぬ帰宅後は…となってしまう…。可愛く見られたいねぇ……。

 

多分ね、多分この「◯◯くんに良く見られたい!」「かわいい私で会いたい!」って気持ち、世に言う"普通"な女の子なら中学生くらいの時にジャニーズしかり同級生の男の子に感じるものだと思うのです。

いやー!それ必修科目だったはずでは!?誰か私に教えてくれなかったの?!その単位取ってないからモチベーションも低いデブに成り下がったと自己分析。

 

だから皆さんには「モチベーションはこうすりゃ保てるぜ!」ってコツを聞いてみたい。現状、自分をコントロール出来ないの。ライ麦パン美味しい。

 

と、とりあえず今なんとか続けている事を書き出してみます。

 

□30daysプランク

腰痛にも効くらしいというのを聞いてやってみている。ところで体重減ったよ!わーい!アンダーが急になくなったのはなぜなんだ。

midori32.hatenablog.com

 

□ストレッチ

お風呂あがりにやっています。筋肉の固まり方にビビる。

 

□メイク

一番厄介()いやほら化粧品てお金かかるじゃないですか(当然)。ひとまず化粧下地をいいヤツが無いかネットで捜索しています。ぽーるあんどじょーかわいい。じるすちゅあーとかわいい。

 

□野菜スープを作る

ふと入ったコンビニで目に付いた野菜スープダイエットの本。なんだかやたらと興味が惹かれたので購入。内容的にはどこにでもありそうなんですが、自分の意志が向いたので。

だし入れた鍋に野菜を切って投入し、味を調節したら完成というもの。ズボラにぴったりのぶち込んでゆでるだけのもの。飽きはしていない(現段階)。

 

まずは出来ることから…!と思いまして上記のものに手をつけました。みたらし団子うめえ。

こんなこともやってみたら?という心の優しい方がいらっしゃったらどうぞよろしくお願いします(何を)

 

「写真写りいいねー」と言われ固まるも褒めたつもりの上司(男)…それ褒めてないよ?実物のあたいは!?おい!!張り倒すぞ!!!!?

なんてそんな事もありましたので若干モチベーションは保たれています。

あ、あと手帳に挟んだえびちゃんの集合写真を見ると戒めが蘇るのでおすすめ。かっこよくてかわいいあの子を手帳に挟むの刑。

 

はしちゃんはよくほっぺたが無くなったり現れたりしますね。私はこの頬の余白を消したいので今度は顔面マッサージにでも手を出そうと思います。

 

現状はそんなところです。

またどうぞよろしくお願いします。ケツ叩きに来てほしい。

2015.05/30 ストロベリーフィールズ

どうも。今回はえびちゃんではなくもうひとつの大好きなもの。
2015/5/30に彩の国さいたま芸術劇場で公演が行われた、私が愛してやまないコンドルズの「ストロベリーフィールズ」の完全なるメモのサルベージ。
 
さい芸はいいぞ(ダイマ)。
 
~以下そのままメモ~
 
 
さいたまの新作は去年のひまわりを見たのがはじめてで、今回が二度目の参戦。
完全にうきうき浮かれモードでした。
それにしても関東は暑いですね。東北民なので暑さがこたえる…。

5/30のマチネは当日券で、ソワレは前売り券でした。
前の席と後ろの席で見えてくるものって違いますねぇ~~
断片的なレポのようなものを書きます。参考にはきっとなりません()
順番もばらばらなので記憶に残っている部分だけめもめも

○客入れ
ほとんど覚えてないというね。このときすでに浮かれポンチ状態でした。
顕作さんがいない寂しさはありつつうほうほしていた。

○裸祭り
・なんてタイトルだ!でも本人たち(慎太郎さん、拓朗さん)が言ってたから正解。
・ステージ後方で上半身裸で踊る誰か
・最初認識できなかったけど、慎太郎さんが最初、次に藤田さん、最後に拓朗さんが出てきて踊る。
・慎太郎さん、藤田さんのずっしり詰まったしなやかな筋肉と拓朗さんの陰影のない身体
・さらに後方、机の上でミキサーを回す良平さん
・ラジオを叩くと音が流れ始める
・いちご、牛乳、練乳とか入れてまぜまぜ(アフタートークより)
・飲むんだけどすごい苦しそう。げふげふ言ってた。
・ピンクの学ランがかわいい

せり上がってくるステージ。ああ、ひまわりでも見た感じかな、なんて思っていた。
現れたのはカカシ。学ランを着たカカシ。
ゾッとしました。うそだぁ……となにがうそなのかわかりませんが思わず口の中に出てしまった。

○ヅメさんマジック
・ヅメさんがマジックを披露!
・アシスタント藤、有、香、そして光二郎さん。全員黒ベスト着ててきっちょいい。
トリコロールカラーのハンカチを瞬間移動させると藤有香のパンツがトリコロールカラーに!
・NP!(NICE PANTS)
・ネギの瞬間移動(本物のネギだった/有吾さんが言ってた(友人談))
・目隠しして数字当て
→光二郎さんが持ってきたスケッチブックにお客さんに数字を書いてもらう。有吾さんが足踏みで伝える。三桁で足踏みしまくる有吾さんににこにこしてしまう。
・紐抜けアシスタンツ。紐抜け出来てメガネをジャーンと外す香有藤、抜けられずに光二郎さんに連行されていくマジシャンヅメさん。

○ダンスもろもろ
・青田さん、古賀さん、石渕さんの粘度の高いダンス。石渕さぁあ~~んかっこいいよう。
・カカシの後ろに隠れたり出たり
→たまらんキュートなんですわこれが……。
・うーうううーいー
→拓朗さんばかり見てしまう。考えてみたり、思いついたり、ポケットの中を探ってみたり?ぱしぱしぽすんって感じ。男前はハンチングが似合うんだなぁなどと間抜けな事を考えていた。
・ぎたろーさんをべちべち
→鎌倉さん、オクダさんがぎたろーさんのおなかをべちべち。慎太郎さんと達朗さんがべちべち。良平さんと勝山さんが2リットルペットボトルでべちべち。最後に晒されるぎたろーさんのお腹には真っ赤な手形が!油性ペンで描いてたそうです。
・鎌倉さんと拓朗さんのユニットすごい好き
・鎌倉さんにリフトしてもらって相当高いところまで持ち上げてもらった時の拓朗さんの恍惚って感じの動きがたまらなくセクシーだった

○カカシの群れに雨が降る
→勝山さんが外套のようなコートのようなものを着て登場。反対側から現れる慎太郎さん。ぐるぐるカカシの間を歩き回る。メンバーが現れぐるぐる。徐々に雨が上がり、勝山さん、慎太郎さんは歩いてその場を去る。空は晴れ、残ったメンバーは手を振るように踊りながら去っていく。

たしかこの後にカカシに着せていた学ランを脱がせて着ていって群舞してた気がする。
違う気もする。


○コント前半
・大はしゃぎして遊ぶこうじろうちゃん、さとしくん、しんたろうくん。混ざれないたつろうくん。
・慎「みずーーーー!!!」(意味不明)
・顕作さんのナレーションがさみしい
・「みなさんお気づきでしょうが、たつろうくんはまったく遊びに絡めていません」
・ところで光、オ、慎、達が着てるスモックらしき服のどぎつさよ(真っ赤なスモックに緑のバンダナ)
・いちごの妖精かい?
・赤い理由が勝山園長にあるとは
・石渕せんせい!!!!!!(女装、保母さん※胸の詰め物が歪んでるのが気になる)
・♪いちご保育園~
・しんたろうくんの顔が妙にキマってて悔しいかっこいい
・「あ、ぎただ」
・顕『コイツは家畜のぎた。薄汚いので、ぎただ。』
・たつろうくんに擦り寄るブタのぎた
・石「ぎたは、たつろうくんが大好きだからなぁ」
・♪コメツキ亀さん~
・迎えが来るしんたろうくん、さとしくん。(天国から?)お迎えが来る光二郎さん。<違うわい!
・帰っていくみんな、踊るたつろうくん。
・顕『たつろうくんは、ひとり取り残されました。』

たつろうくんのたどたどしい、ゆるいお遊戯に胸が締め付けられるようでした。
そして轟音。雨が降る、雷が鳴る。鼻が取れ、立ち上がるぎた。
たつろうくんの手をとって走り出す姿。
さい芸は照明がとってもきれいですねほんとに。


○キャストイントロダクション
・ニワトリ?の絵本を取って走り去る少年。
・中身もかわいらしい
・青田さんは先導者のイラスト、石渕さんは教授のイラスト…のように不思議でおちゃめなキャスト紹介
・ストロベリーおいしそう

○群舞
空気が裂けるような轟音とともにスクリーンに映るメンバーの影。
真正面を見据え攻撃的に、つんざくように踊りだすメンバーの身体が美しかったです。
身体を揺さぶる音、瞬きが邪魔になるような次から次へ変わる動き。
群舞に関しては言葉で表現することができません。すごく好き。

○ダンスもろもろ2
・群舞の後の拓朗さんの表情の変わりようと言ったら!!!(大声)
・群舞でキュッと引き締めていた表情がへちゃっと変わってそれはもうキュートなんです
・カトリくんのポニーテールは世界遺産にするべきだと思う。
・新人組すっき……
・もう後半メロメロで覚えてない脳みそにメモできなくなってた
・勝山さんは今回も脚が長かった(かっこいい)

○青田さんとスクリーン
青田さんの美しいヨガのポーズに合わせ動くスクリーン。
青田さんが「1」を表し「2 3」がスクリーン、のようになってました。
・「A」B C
・「人」間
・鬱
・方位磁石
・鶴(体部分)

●コント後半
・商店街を駆け抜けるぎたとたつろうくん
・お店の中にはニンジン食べなさいとヅメママに叱られるさとしくん
・座って生ひとつとウーロン茶を頼む
・青田さん(ひまわりの時のような女将)「あーいそがしいいそがしいっ!」
・かわいい
・こうじろうちゃん入店。そして勝手にビールを飲みはじめる。何歳なんだ。
・ひまわりと似てるけど違う世界線なのかな
・そして荒々しく入店するは怒ったしんたろうくん
・追いかけてくる拓朗さん(茶髪ロング。白ブラウスに紺のカーディガン膝上丈のチュールっぽいスカート)←????
・拓「待ってしんちゃん!!」
・「私はどこまで行っても!あなたのお母さんなの!!」
・し「じゃあ俺のこのマジな気持ちはどうしたらいいんだよ!」
・どうやらしんたろうくんは、お母さんである拓子が好きらしい
・息子と旦那に板ばさみ??
・年齢と本来の性別を忘れたら普通に昼ドラ展開だよ顕作さん
・でも拓子ママしんたろうくんのこと「好きかも!!!」(泣き出す)っておい!旦那は!
・これが人間模様だと熱弁ぎた
・拓「しんちゃんこのブタさんしゃべるの?!」
・かわいい
・店外から来た勝山園長に殴り飛ばされるぎた
・ぎたをたつろうくんだと思ったまま熱弁し叱る勝山園長
・石渕せんせいがそっと入ってきてたつろうくんを心配する前で熱弁園長

・石「園長先生、たつろうくんはこっちです」

・静まるもヅメママの「これって愛よね!」で話が進む
・ニンジンを生で食べるようになるさとしくん
・こうじろうくんのオカン有吾さん登場
・有ママ「こうじろうちゃんが「はげ!はげ!!」って言われないように、お母さんこれ買って来たから!」
・アフロカツラを掲げる
・こ「ふさふさやぁ~~!!」
・拓子ママとしんたろうくんはメロドラマかなにかなの
・し「拓子!いや、母さん…俺と父さんに挟まれてつらいと思う…でも俺は!いつまでも母さんの見方だ!愛してる……愛してる!拓子!」
・抱き合う拓子ママとしんたろうくん。メロドラマだ。
・そして歌いだす♪いちご保育園
・起き上がり、たつろうくんのもとへ行くぎた

石「ぎたは、たつろうくんが大好きだからなぁ」

みんなが去っていく中、ぎたに寄り添われ♪コメツキ亀さんを歌い、踊るたつろうくん。
胸が張り裂けそうな感情が押し寄せてきました。
暗くなる舞台の上、ぎたの手をとって去っていくたつろうくん。

○ダンスもろもろ3
もうここらへん感情がぐちゃぐちゃになってて覚えてない()
カカシだったはずの物が十字架になっていてゾッとしたのは覚えてます。
良平さんソロでかすかに聞こえたSEが爆撃の音だったように感じました。
誰が生きていて誰が死んでいるのか、夢か現か、どこまでも奥行きのある終わりでした。

Let me take you down, 'cause I'm going to Strawberry Fields.
Nothing is real and nothing to get hung about.
(君を忘れないよ でももういかなきゃ ストロベリーフィールズ
 すべては夢 本物はなにもない )
ってうわあ~~~~いっそ考えたくないくらい想像が広がってしまう……

園長先生の演説が薄っぺらに聞こえるのはたつろうくんを見てるようで見てないからなんだなぁ…とか思ってみたりして。
ううん、もくもくと想像が広がる公演でした。

「A.B.C-Zは接近戦だから、常にケアしとかないと死ぬよ」

 

どないやねん

 

どうも、最近本当に転職を考えている社会人です。

タイトルはとある五関担が言ってました。確かに彼女は黒髪ロングヘアーはつやつや、メイクもバッチリ、すらっとしたスタイル……なるほど美人です。聞けば髪のメンテナンスに一時間かけるとのこと。なんという情熱。

そしてここまでする理由が「ごっちがサラサラロングが好きって言ってたから」なのですごい。平伏する。五関晃一くんのアイドル力(ぢから)やばい。

 

ところでアルバムの発売が決定しましたね!やったー!聴く前ですでに楽しみが止まりません。

どれどれ特典は…

abcz.ponycanyon.co.jp

 A.B.C-Z Concert Tour2017」各会場
コンサート終了直後のメンバーと会える!「スペシャル・ステージ」にご招待

 

 

接 近 戦 だ 。

 

万が一当たろうもんなら自意識と美の過剰摂取で確実に天に召されるパターンの特典じゃない!!!!!??!!!?

まずい、このままじゃA.B.C-Zには会えない(会えるとは言ってない)。

せめてツアーまでにある程度見られる姿にならなければならない。 過去の私!将来ジャニオタになった時の事を考えてメイクとかちゃんとやれよ!召されるぞ!戸塚さんのように顔面で髪型をカバーできるような人間はそうそういないのだ!

こうしてツアーが決まった(行けると決まったわけではない)私は失われし女子力を取り戻すためにひとまずブログを漁った。この時点で「お前やる気ないだろう」というツッコミは無しでお願い。

 

 

jagaimo.hatenablog.com

medusetoile.hatenablog.jp

ayana1104.hatenadiary.com

 

え、女子パワーつよない?

普通女子はこんなに素敵なの?

元気な喪女ジャニオタは愕然としました。

化粧品の紹介ができるだけのこだわりが…ない…。女子力と言えるようなものがない…!!

ドキナツ2017を迎えるには余りにも装備が不十分ですし、もっと言えばお前それでも社会人かと罵られるレベル。こんなんじゃ顔面国宝の戸塚さんに顔向けできない。目が焼ける。

とりあえず三宅健女子力botをフォローした。ちょっと女子力上がった(気がする)。

 

二次元オタを経てやってきたジャニーズ界隈。次元が違ったために見過ごしてきた「己を磨く」という行為に、今こそ身を投じる必要があるのだ。きっとそうだ。決して5つ星のふみきゅんのお尻に完全敗北を喫したからではない。決して。

戒めのためにデータも晒す。

 

■基本データ

・1994年生まれのおとめ座

・身長:166㎝ 微妙に167のときもある。

・体重:ゆるして

・髪型:セミロング?肩甲骨くらいまである。くせ毛が良い感じにくるんなのでそのまま。前髪は下ろしてパッツン。ショートはここ5,6年してない。ちょい明るい赤めの茶に染めている。リタッチが追いつかず残念な感じになっている。

 

・職業:営業。毎日車を運転するぜ!よって非常に運動不足。下半身に安定感を与えているひとつの要因。人と話すのは苦手ではない…体力ゲージは減るけどね。

 

・趣味/特技:趣味は野球観戦、プロレス観戦、舞台観劇…くらい。アニメ漫画はお察し。野球は中日ドラゴンズ、プロレスはみちのく、舞台はコンドルズといったところ。小林顕作さんがそれはもう大好き。

特技は隣り合った人が自分と趣味が似てそうなら話しかけること。エイトレンジャーの時隣り合ったおねーさん、ニズムの後バスでお隣になったおねーさんその節はどうもありがとうございました。

 

タイトルに戻るが「A.B.C-Zは接近戦だから、常にケアしとかないと死ぬよ」である。死ぬのである。

この常にってとても大変だ。常に回りを意識する。常に笑顔で居る。常にケア…

してこなかった残念な社会人。9月までまだ間に合うだろうか…。

身だしなみを整えてえびこんに行く事はできるのか!?

だから戒めに(2回目)人目につくところに目標を書き出しておく。もし共感してくれた人がいたら固く握手をして共に強く生きたいと思う。

 

■えびこんまでにやれよ!戒めリスト■

☆メイク

やってる!やってるよ!でも自分にあった化粧品とかメイク方法とかちゃんと探すこと。あとめんどくさがらず二重テープを貼れ。

 

☆ダイエット -5kg

これは継続中。2年でじわじわ増えた肉を落とすよ!体重より見た目を重視して筋肉をつけます。塚ちゃんの力を借りて頑張る。

 

☆髪のケア

とにかくリタッチをしろ。

 

☆お洋服に興味を持とう!

元より柄物が好きマンなので次は組み合わせを磨きたい。おらシャレオツなチャンネーになりてえだ。これは家族の力を借りる予定。

 

☆マラソン大会に出る

お前は何を言っているんだと思われたことでしょう。私もだ。元が運動部なので参加したいとこっそり思っていた。

 

以上五つをやることリストに定めておこうと思います。

元気にえびこんを迎えるために!接近戦に耐えるために!(耐えられるとは言ってない)

どうぞよろしくお願いいたします!!!